まさしの教えて!弁護士ABCダイアリー

2019年05月13日

委任状の役割に関してはよく知っておいた方が良い

借金をしてしまい弁済することが出来なくなってしまった場合には任意整理をすると言う方法がありますが、この手続きは複雑なので何をすれば良いか分からず困ってしまうことがあります。よく分からずに素人が手続きを進めて後で間違いに気づいた時には厄介なことになってしまうこともあるので、多くの人はこの道の専門家である弁護士に手続きの依頼をしています。この時に重要になるのが委任状と受任通知書で、これがあることにより弁護士は任意整理手続きを行ってくれるのでとても助かりますし方法を間違えてしまい困ってしまうと言う事態を防ぐことができます。

2019年04月12日

不動産のトラブルを防ぐために弁護士に相談しよう

不動産の取得や相続などにかかわるトラブルを未然に防ぐには、土地や家屋などの民事的な対応事例が多い法律事務所に相談を持ち掛けることがおすすめです。特に、遺産相続の際に土地や家屋の分割をしたり、相続人の間で話し合ったりする際には、双方の主張が食い違うリスクがあるため、早々に中立的な立場でアドバイスをしてくれる弁護士にサポートをお願いすることが大切です。最近では、民事上の事件に強い弁護士が在籍している法律事務所の取り組みについて、数々のテレビ番組や雑誌などで取り上げられることがあるため、スムーズに問題解決をするうえで、じっくりと各事務所の得著を比較することが大事です。

2019年03月17日

遺留分問題を弁護士に依頼するメリット

遺留分問題の解決を弁護士に相談することのメリットは少なくありません。相続問題は、どういったやり方で解決すればよいのか知識がない人が多いでしょう。問題の克服のめどがたたないので、気持ちも心配になりがちです。弁護士に委託をすれば、立場や相手方の状態などの相談を受けて、一番正解から近い道筋を立てて貰うことができます。また、相手サイドと対話する事も不必要になるメリットがあります。金銭のやり取りが生じる中、相手サイドとじかに話し合いをするとなると、苦しみや負担であるに違いありません。

2019年01月09日

弁護士に依頼をする際にかかってくる費用

法律に触れるようなトラブルが生じた場合、弁護士に相談をして対応をしてもらうという方法を取る人もいます。確かに法律のプロなので対応をしてもらうと安心をすることができるかもしれません。しかし弁護士はピンキリです。親身になって相談に応じてくれる人もいますが、報酬を得ることができるのかどうか、という点を重視している人も多く、勝算があっても報酬が少額だと判断をした場合には依頼を断るような人もいます。費用がかなりかかってしまうということもあるので、訴えたいけどお金のことがあるので諦めてしまう、泣き寝入りをするしかないという流れになってしまうと人もいます。

2018年12月26日

了解するために必要な委任状の内容

委任状は、委任者と受任者の間を取り持つために必要な書類です。最近では、過払金請求などの債務整理に、消費者目線での支援者として弁護士が介入してくれるため、相談する人も増えています。この場合、委任者が弁護士から債務整理の各方法の説明を十分に受けた上での委任契約の締結となります。委任状には、第1条から12条ほどが記されています。例えば、事件処理の中止等、辞任・解任、それに伴う中途解約の場合の報酬の処理などが記されています。

Archive List

リンク

法律的に複雑で素人ではなかなか難しいのが遺産相続です。色々と頭を悩ます前にまずは相談してみましょう。実績も豊富で安心して任せることができる「法律事務所オーセンス」は無料で相談できるので是非利用してみましょう。
> 試しに見る